福岡で美容整形をする│失敗しない美容整形外科の選び方

一般的になったプチ整形

女性

最近では日本でも多くの人にプチ整形が受け入れられるようになってきて、福岡の美容整形外科でもプチ整形の施術を行えるところが増えてきました。行える施術は美容整形外科でも様々ですが、二重まぶたになるプチ整形やプチシワ取り、フェイスラインを整えるプチ整形などが福岡でも一般的です。プチ整形の大きなメリットは、切開などの大規模な施術を行う必要がなく、コンプレックスを簡単に解消することができるといった点です。施術時間も短く済むものが多く、施術内容によっては10分程度で施術が完了するものなどもあります。痛みが少なくて済むことも利点ですが、やはり傷跡が残りにくいというところも魅力の一つです。料金も通常の整形手術と比べると大分安く済みますが、プチ整形の殆どは時間が経過すると元に戻ってしまいます。そのため、継続的な効果を望むのであれば定期的に通院して施術をしてもらう必要があります。たとえばプチ整形で代表的な二重まぶたですが、施術の方法で二重埋没法というものがあります。二重埋没法ではメスを利用せずに髪の毛より細い医療用の糸を利用して、まずまぶたに二重のラインを作ります。ラインを形成した後はまぶたの裏側で糸を留め固定します。糸はまぶたに埋め込まれているような形になるため、自然に二重まぶたに見せる事ができます。糸が馴染んでくるまで数ヶ月の間はまぶたがうっすらと糸の結び目で膨らんでいる事が気になる場合もありますが、所要時間も10分から20分程度で終わる施術となます。一重まぶたが多い日本人に人気の施術となり、福岡の美容整形外科でも多くの人が二重まぶたの施術を受けています。時間の経過によって糸が切れてしまい、一重に戻ってしまうことはありますが、糸を留める際に2点留め、3点留めなどのオプションを選択することで糸を切れにくくすることができます。糸が切れるまでの時間は個人差がありますが、スタンダートな2点留めでは平均で3年から5年ほど持続するといわれています。一重まぶたをコンプレックスに感じている人は、福岡の美容整形外科で二重まぶたのプチ整形なども検討してみてはいかがでしょうか。