福岡で美容整形をする│失敗しない美容整形外科の選び方

顔のほくろを除去する

医者

メイクでカバーできることも多い顔のほくろですが、メイクでなかなかカバーできない場合もあります。そういったコンプレックスを改善するために福岡の美容整形外科でほくろの撤去を行うことを検討している人もいるでしょう。基本的に福岡の美容整形によるほくろの除去方法は2種類あり、小さいものであればレーザー治療、深いものであればメスでくり抜くような治療となります。どちらにしても痛みは最初の麻酔注射のみである場合が殆どです。ですが麻酔がうまく効かない場合などは施術に痛みを伴う場合があります。レーザー治療によるほくろの除去もプチ整形にあたり、所要時間も1箇所であれば5分程度の比較的短い施術となって、予約が埋まっていなければカウンセリングにいったその日で治療をしてくれる場合も多いです。福岡の美容整形外科で一般的なレーザー除去の施術の流れを例としてみてみましょう。
美容整形では、まずは医師とのカウンセリングから入ります。この時にどこのほくろを除去したいかといった事を確認します。医師の説明を受けて、レーザー除去かメスでの施術かを判断してもらいます。空きがあればそのまま施術まで行ってもらえることもあります。予約で埋まっている場合などは、予約を入れてから後日の施術となります。施術は患部を消毒して麻酔を注射することから始めます。麻酔が効いてきたら、医療機器を使ってレーザーでの除去を行います。麻酔が効いていれば殆ど痛むことはありませんが、照射の際にピリっとした痛みを感じることもあります。施術後は患部が少し赤みがかってへこんでいる状態となります。レーザー照射が終わると、患部に軟膏を塗って施術終了となります。アフターケアでは10日間ほど、お風呂上がりに綿棒などを使って患部に軟膏を塗って絆創膏で保護する必要があります。そのため軟膏と絆創膏が処方されます。麻酔が切れてからは人によって痛むことはありますが、痛み止めは必要ない程度の痛みとなります。施術完了から2週間ほど経過すれば跡が薄くなり、メイクでも簡単に隠せるようになります。値段も福岡の美容整形外科では平均して1mmで数千円程度になりますので、ほくろをコンプレックスに感じている人などはプチ整形によるほくろの除去を検討してみてはいかがでしょうか。